整形外科とは

整形外科は、骨や関節、筋肉、靭帯、腱などの運動器系、また中枢(脊髄)や末梢の神経系の障害を診断、治療する医学の専門分野です。これには骨折や脱臼、ねんざなどの外傷、変形性関節症や筋・腱鞘の慢性炎症などの変性性の障害、eSportsやスポーツ、職業による障害が幅広く含まれます。整形外科の治療は選択肢が多く、手術だけでなく、リハビリテーションや装具、注射や薬物療法を組み合わせながら、高い専門知識と技術を持って、患者さま一人ひとりに合った最適な治療を名古屋リジェネレーションクリニックが提供します。

こんな症状のある方は
ご相談ください

  • ぎっくり腰を起こした
  • むち打ち症になった
  • 腰、股関節、膝、足、背中などが痛む
  • 捻挫、骨折、打撲、脱臼をした
  • 肩や首が凝る
  • 切り傷、すり傷、やけど
  • 腕が上がらない

症状別の主な疾患

坐骨神経痛

お尻・足の後ろ側・脛・ふくらはぎにかけて現れる、痛み・しびれ・まひなどの症状

背骨の腰の部分に存在する腰椎に異常が生じることで、坐骨神経が刺激を受けたり圧迫されたりすることで発生する。過度な運動や、長時間のデスクワークによる運動不足などが原因で起こることも。若い世代は腰椎椎間板ヘルニアと梨状筋症候群、高齢者は腰部脊柱管狭窄と腰椎椎間板ヘルニアなどの疾患が原因になることが多い。腰部脊柱管狭窄のほとんどの原因は加齢で、発症者は50歳以上に多い。腰椎椎間板ヘルニアは重労働やスポーツ、長時間のデスクワークによって腰に負担がかかることなどが主な原因となります。
坐骨神経痛の治療は、症状を和らげるための対症療法が主体となる。痛みが強い場合は、痛み止めの薬や注射で対処する。坐骨神経痛が出やすい姿勢を回避するために動きを制限するという効果も期待できる。安静期間を経て症状が軽くなったら、リハビリで運動療法を行うことも。運動療法はストレッチや体操によって症状を軽減する治療法となる。

変形性膝関節症

男女比は1:4で女性に多くみられ、高齢者になるほど罹患率は高くなります。主な症状は膝の痛みと水がたまることです。
初期では立ち上がり、歩きはじめなど動作の開始時のみに痛み、休めば痛みがとれますが、正座や階段の昇降が困難となり(中期)、末期になると、安静時にも痛みがとれず、変形が目立ち、膝がピンと伸びず歩行が困難になります。
関節軟骨の老化によることが多く、肥満や素因(遺伝子)も関与し、骨折、靱帯や半月板損傷などの外傷、化膿性関節炎などの感染の後遺症として発症することがあります。
加齢によるものでは、関節軟骨が年齢とともに弾力性を失い、遣い過ぎによりすり減り、関節が変形し、症状が軽い場合は痛み止めの内服薬や外用薬を使ったり、膝関節内にヒアルロン酸の注射などをします。また大腿四頭筋強化訓練、関節可動域改善訓練などのリハビリを行います。

五十肩

中年以降、特に50歳代に多くみられ、その病態は多彩です。
関節を構成する骨、軟骨、靱帯や腱などが老化して肩関節の周囲に組織に炎症が起きることが主な原因と考えられています。肩関節の動きをよくする袋(肩峰下滑液包)や関節を包む袋(関節包)が癒着するとさらに動きが悪くなります(拘縮または凍結肩)。
自然に治ることもありますが、放置すると日常生活が不自由になるばかりでなく、関節が癒着して動かなくなることもあります。
痛みが強い急性期には、三角巾・アームスリングなどで安静を計り、消炎鎮痛剤の内服、注射などが有効です。急性期を過ぎたら、温熱療法(ホットパック、入浴など)や運動療法(拘縮予防や筋肉の強化)などのリハビリを行います。
これらの方法で改善しない場合は、手術(関節鏡など)を勧めることもあります。

外反母趾

外反母趾は、足の親指(母趾)が小指側へ「くの字」に曲がり、母趾の付け根の関節の内側が痛くなる病気です。
主な症状は、
母趾の付け根の痛みや腫れ、靴を履くと痛みがひどくなる、母趾が第2趾の下に入り込む、足のアーチが低下し、足の裏の痛み、歩行困難などが挙げられます。外反母趾は、遺伝や靴の選び方などが原因と考えられています。
進行すると、痛みがひどくなり、歩行困難になる為、早めに整形外科を受診し、適切な治療を受けることが大切です。

骨粗鬆症

症状が軽い場合は痛み止めの内服薬や外用薬を使ったり、膝関節内にヒアルロン酸の注射などをします。また大腿四頭筋強化訓練、関節可動域改善訓練などの運動器リハビリテーションを行います。
からだの中の骨は生きています。同じように見えても、新たに作られること(骨形成)と溶かして壊されること(骨吸収)を繰り返しています。骨粗鬆症は、このバランスが崩れることでおこり、骨がスカスカになってきます。骨粗鬆症は圧倒的に閉経後の女性に多くみられ、女性ホルモンの減少や老化と関わりが深いと考えられています。治療内服薬や注射(カルシトニン製剤)などによる治療を行います。

整形外科の主な治療方法

理学療法によるリハビリ

運動療法を中心に機能改善、回復を目指す保険治療

運動療法を中心に整形外科疾患ぼ関節可動域の改善や、筋力の回復を行い、QOL維持を目指しております。

主な疾患

手の外科専門医による治療

手の外科専門医による治療が可能保険治療自費治療

名古屋市丸の内のリジェネレーションクリニックでは外来手術室を完備しており、手の病気・ケガの日帰り手術を完全予約制で行っております。
手術はすべて伝達麻酔または局所麻酔下にて行います。(伝達麻酔とは、脇の下や肘などにある神経に麻酔薬を注入して行う麻酔法)
当クリニックでは、エコーを見ながら行うため、安全で確実な麻酔効果を得ることが出来ます。

主な疾患

インソール療法(足底板)

足のトラブルにインソールの処方保険治療自費治療

足のトラブルは自分の足に合わない靴を履くために生じる事があります。また、足のトラブル起因による膝や腰、股関節の痛みが起こる場合もあります。当クリニックでは、足底部の圧力のかかり具合や症状によりレントゲン撮影を行い骨の状態を診ます。医師による診断の結果、インソール(靴の中敷き)の適用が必要であると判断された方には、足型に合わせた保険適用や自費のインソールをご案内しております。診察当日に採型・お渡しも可能ですので、名古屋リジェネレーションクリニックへお気軽にご相談ください。
(完全予約制)

主な疾患

当クリニックの
整形外科の特長

  • エコーによる
    積極的な治療

    経験豊富な整形外科医が、超音波検査(エコー)を積極的に行い、病状をいち早く診断いたします。関節、腱、靭帯、筋肉などの運動器を専門に診る整形外科医だからこそ、エコー検査の画像を的確に読み解き、病態を正確に把握することができます。

  • 理学療法士による
    専門的なリハビリ

    手術後の回復目的のためや、運動器官の機能回復を目的としたリハビリテーションを行っております。理学療法士が、一人ひとりに合わせた運動プログラムを作成し、目標達成に向けてサポートいたします。

  • アスリートへの
    競技復帰サポート

    スポーツ選手の方のケガや手術後の競技復帰をサポートいたします。
    試合までのスケジュールなどについてもご相談ください。アスリートの皆様の目標達成に全力で取り組みます。PRP療法や整形外科、手の外科などの専門の医師が競技復帰までの道のりをサポートいたします。

患者様、ご家族様へ

根治を目指し、
再生医療も視野にいれた
サポートを

名古屋市丸の内にあるリジェネレーションクリニックでは、根拠に基づく保険治療をベースに、最新の医療技術を選択肢として提供しています。特に、手の外科は精密な技術が求められるため、最新の知見を取り入れることはとても重要です。患者さま一人ひとりの状態に最適な治療を提供し、早期に日常生活へと戻れるようサポートいたします。極力痛みの少ない治療、迅速な回復を促す再生医療、そして予防医学にも力を入れ、生活の質を向上させることができるよう、常に寄り添います。些細な違和感でもぜひ当クリニックに一度ご相談ください。

医師
大山 慎太郎

医師紹介を見る